ホームカテゴリーフランス語圏

"フレンチ・アンティル”と呼ばれる4つのフランス海外県で最も大きな島で、 古くからサトウキビ農園やラム酒製造で栄えてきた。 そこは、フランスの田舎を熱帯に運んできたような美しさを誇る。 海はもちろん、滝や登山などのジャングル・アクティビティなど冒険心をくすぐられる。

フランス海外県で、カリブでは通称「セント・バーツ」として親しまれている。 近年大規模観光地を避けて世界中のセレブが集まるようになった。 そのためハイエンドのブランド店や別荘、小型の超高級ホテルが立ち並ぶ。 カリブ海でめずらしいスウェーデン植民地だった歴史も特徴的な島。

一つの島でフランス海外県とオランダ自治領が隣り合い二つの違う文化が楽しめる。 蘭領はカジノにDUTY FREEなどのショッピング天国、 仏領はフランス料理やパン屋など、カリブ有数のグルメタウン。 近隣の国や島にもフェリーや小型飛行機でフライトがあり周遊にも最適。

世界で初めてのアフリカ系国家として、1804年に植民統治国であったフランスから独立。 ブードゥー教などアフリカを起源とした文化やアートが根付き、 「アフリカ以上にアフリカ」と表現されることも少なくない。 美しいビーチ、バードウォッチング、ウミガメの産卵、沿岸に暮らすマナティーなど自然も豊か。

「熱帯のパリ」と呼ばれるフランス海外県で首都にロマンティックな雰囲気漂う旧市街が残る。 郊外にはフランス本国のスーパーマーケットなどの大型ショップも見られ、 地方へは立派な高速道路で結ばれる近代的な雰囲気の漂う。 島の3分の1が山に覆われ、サトウキビなど農業も盛んである。

Copyright ©️2020 All Right Reserved – Island Buddy Ltd.