ホームカテゴリーオランダ語圏

南カリブの島々の中では最も観光開発が進んでいるオランダ自治領の島。 手入れされたビーチや大型リゾートホテルなども海沿いに立ち並び、 アメリカからのフライトや旅行者も多いために英語も普通に通じる。 ビーチでやカジノ、ダイビングやワイルドライフで冒険もできるリゾート・アイランド。

カリブ海のオランダ領島の中でも歴史的に最も港湾商業が栄えたところ。 現在もベネズエラに近く南米とのハブとなるビジネス・アイランド。 日本では、杉原千舟がユダヤ人亡命のためにキュラソー行きのビザを発給し島名が知られた。 世界遺産に登録されたカラフルな街並み、ダイビングを求めて観光客が訪れる。

オランダ自治領の断崖絶壁に囲まれた島で、世界一短い滑走路のある空港でも有名。 三角山のふもとに赤い屋根と緑の窓枠を持った白い家々は、18世紀のケルト人村のよう。 アフリカ奴隷を酷使しての開墾が行われず、入植者と肩を並べ力を合わせてきた歴史から、 人種差別のない島として知られる。人々の「違い」に寛容で同性愛者の旅行者も多い。

「ステーシア」の愛称を持つオランダ自治領で、ごく日常の住民のくらしが見れる島。 あらゆるところに砦などの石垣や木造の歴史的建造物が残り、情緒豊かで美しく ビーチリゾートを中心とした観光島と違い、地元に溶け込んだ島生活が味わえる。 ハイキングで望む富士山さながらの曲線美を誇るクィル山は絶景!

一つの島でフランス海外県とオランダ自治領が隣り合い二つの違う文化が楽しめる。 蘭領はカジノにDUTY FREEなどのショッピング天国、 仏領はフランス料理やパン屋など、カリブ有数のグルメタウン。 近隣の国や島にもフェリーや小型飛行機でフライトがあり周遊にも最適。

先住民アラワク族の「標高の低い土地」という意味から名付けられたオランダ自治領。 その名の通り大きな山はなく、美しい珊瑚礁に囲まれたダイバーの聖地で、 世界でも珍しいエア・タンクのリフィルがドライブ・スルーでできるほど。 野生動物や自然保護に積極的な島で、その大切さに触れることができる。

Copyright ©️2020 All Right Reserved – Island Buddy Ltd.